忍者ブログ
FXトレーディングシステムズ

指標スキャルピング・指標トレードに役立つ 経済指標ブログ

[PR]

2017年05月23日 (火) 14:15 | 編集
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

固定リンク | | - | - |

経済指標とは

2010年01月01日 (金) 04:00 | 編集

外国為替市場という金融マーケットそのものに影響を与える、
一番重要な要素は、ファンダメンタルズである。

ファンダメンタルズとは、
日本語で「経済の基礎的条件」という意味。

もちろん、
テクニカル的な要因や、マーケットの需給バランスでも為替レートは動くのだが、
ファンダメンタルズはマーケットそのものの土台となるものである。

経済指標とは、
こうしたある国の経済の基礎的条件、
つまり、ファンダメンタルズを示したものと考えればいい。

重要な経済指標は何か?

ファンダメンタルズには、
金融政策・貿易や資本の収支関係・政治や軍事のパワーバランスなど、
全ての要因が含まれる。

しかし、政治や軍事のパワーバランスは、
変化があっても、その影響が現れるまでに時間がかかるので、
すぐに経済活動に影響を及ぼす、景気や金利といったものが、
外国為替市場の値動きにとってはより重要となる。


多くのファンダメンタルの中で、
為替レートを動かす要因として筆頭に挙げられるのは、
やはり、アメリカに関するものだ。

何故なら、アメリカは基軸通貨国であり、
為替市場全体に強い影響を与えるからである。

米通貨当局の基本スタンスは、
景気が良い時はドル高支持
景気が悪い時はドル安支持
というものだ。

もし、アメリカの景気悪化を伝える経済指標が相次げば、
米通貨当局はドル安を容認する姿勢を見せてくる可能性が高くなり、
結果としてドルは売られやすくなる。

取引の際、そういった前提で臨む事になる事は言うまでもないだろう。


本ブログでは、
米国の経済指標を中心に見ていきたい。

米国の経済指標 / 欧州の経済指標 / 日本・各国の経済指標 /  三大市場対照表
PR

忍者ブログ
[PR]