忍者ブログ
FXトレーディングシステムズ

指標スキャルピング・指標トレードに役立つ 経済指標ブログ

[PR]

2017年11月20日 (月) 11:02 | 編集
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

固定リンク | | - | - |

小売売上高とは

2009年01月01日 (木) 00:00 | 編集

小売売上高

発表時期 属性 発表周期 日本時間 NY時間
中旬 消費 月次/毎月 21:30 8:30

小売売上高は、
米国内のデパート・スーパーマーケットなどの売上をベースに作成される、
個人消費支出の動向を見るための経済指標です。

米国のGDPの7割近くは個人消費だと言われていますが、
小売売上高は、その全体のトレンドを把握するのに重要視され、
注目度・市場影響度も非常に高くなっています。


ただし、小売売上高にはポイントがいくつかあります。

一つが、自動車の売上を除いた部分が重要視されるという事。
米国の個人消費の割合の多くを占めているのが自動車なのですが、
その販売額は時期的な要素を含んでおり、変動が激しいです。

もし全体の小売売上高が大きく落ち込んでも、
自動車以外の売上高がさほどではないのなら、
消費自体は底堅いと判断できます。

また、小売売上高は金額ベースでの集計となっていますので、
例えば原油の価格が高騰すると、売上増として反映してしまいます。
つまり、個々の要因をチェックし、実体をとらえる必要があるという事です。

そして、集計方法がデパート・スーパーマーケットなどの売上を見るものですから、
悪天候が続き、客足が遠のいた場合も、その数値は悪化します。


景気回復の先行指標ともなる小売売上高。
数か月単位での流れを見ておきたい経済指標です。

経済指標とは/米国の経済指標/ 欧州の経済指標 / 日本・各国の経済指標 /  三大市場対照表
PR
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

忍者ブログ
[PR]